令和4年度 校長あいさつ
   愛知県立三谷水産高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 本校は創立80周年を迎え、長い歴史と伝統を持った県下唯一の水産高校であります。設置学科数は、本科4学科、専攻科1学科でありますが、これは、日本の水産高校でトップクラスの規模であります。水産・海洋に関する全ての学科が設置され、生徒の進路目標に応じた教育内容を備えています。 
このような教育環境のもと、全国有数の漁場として知られる愛知の三河湾を中心とした東三河の地域性を生かし、水産・海洋関連産業や、次世代の海洋工学産業等に対応した先進的な取組を通して、必要とされる知識や技術・技能を習得させるとともに、地域産業界と連携した六次産業化の取組等を通して地域社会の発展に貢献できる態度を養い、将来にわたって「水産・海洋立国日本」を支える高度な専門的知識と実践力を兼ね備えた、グローカルな社会に対応できる水産・海洋のスペシャリストの育成を戦略的に行っています。
 高校卒業後の進路については、水産や海洋関係に就職する生徒はもとより、モノづくり愛知を代表する各種製造業にも多くの生徒が就職しています。また、専攻科に進学してより高度な資格取得を目指す生徒や、国公立大学や専門学校に進学する生徒も多く、本県の水産・海運業界を中心に通信業界や製造業界、官公庁や研究機関等で活躍するなど、その優れた力量を評価されている先輩方が多くいます。さらに、近年は教員免許を取得して母校で後輩の指導に情熱を燃やす先生方も多くいます。ぜひ皆さんも、先輩方の後継者としての誇りを持ち、社会で活躍するという強い決意で、これから努力していただきたいと思います。
 またここ最近の学校活動で、全国の水産高校の中でも学識優秀校とも言われ、文部科学省や愛知県教育委員会から各種研究指定校に選ばれています。研究指定に際し、本校では、持続可能な社会や世界の創り手となるために必要な資質・能力が育成されるよう、ESD(持続可能な開発のための教育)を更に推進するとともに、2015年9月の国連サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)に関する学習等を奨励しています。
そのような三谷水産において、何を学び、何をしたいのか、それぞれの目標を掲げ、そのために学生生活をいかに過ごすのか。目標や夢を持つことが、活力のある充実した学校生活を可能にします。私たちは、様々な可能性を秘めた生徒たちの夢と未来を応援します。
  令和四年四月六日
愛知県立三谷水産高等学校長
湯藤義文